シャッフルダンスの踊り方 | かっこいいステップも教えます

シャッフルダンスの踊り方 | かっこいいステップ講座


シャッフルダンスで使われている基本ステップの見本演技です。

1.チャールストン
2.ランニングマン
3.Tステップ
4.スポンジボブ
5.キック
6.シャッフル
7.ポップコーン
8.Tステップの応用

カッティングシェイプスやパリピダンスと呼ばれるダンスも、ざっくりシャッフルダンスのことだと考えて大丈夫です。

これらステップ中心の踊り方ですが、スピード感がありEDMにリズムを乗せるとかっこいいパフォーマンスになります。

ヒップホップとハウスダンスの良いところをチョイスして、それをEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)で踊るようなスタイル。

ハードスタイルになるとトランスみたいなサイバー系の曲で踊ることもあります。

メルボルンシャッフルはハードコア路線の人にハマります。女の子だと体力的に不利なため、元気あふれる10代の男の子には打ってつけのジャンルですよ。

このページでのハウツーは音楽的にもパーリーピーポー向けです。

ちょっとやってみたい。どんなダンスなんだろう。

そんなシャッフルダンス入門者に基本ステップのレクチャーをいくつかご紹介します。

シャッフルダンスのTステップは家でも練習できます


初心者がいきなり公園に行きダンスを練習するとは思えないため、

家の中でこっそり始められる「Tステップ」のやり方からチェックしてみては。

シャッフルダンスの定番ステップはチャールストン、ランニングマンですが、どったんばったん、お母さんがうるさいわよ!と怒られてしまいがち。

このTステップは床を這うように移動するため、まったくと言っていいほど騒音がしません。

フローリングに靴下の組み合わせで練習してください。この程度のステップでも音楽に合わせると超楽しいですから。

スピードに対応するために、ステップをよりシャープに踊り、動きの切れ目なくパフォーマンスをします。

運動量があり基礎体力も必要なことから、カッティングシェイプスは若者中心に親しまれています。

パリピダンスやカッティングシェイプスも元は同じです

  • シャッフルダンスは簡単なステップでもかっこいい演技になる
  • 初心者でも練習すればできるけど、基礎体力は必要
  • パリピダンスもカッティングシェイプスも同じ踊り方である
  • 言い回しの違いは時に頭を混乱させますが、原点はオーストラリアで発祥したメルボルンシャッフルです。その踊り方からカッティングシェイプスとなり、国内ではパリピダンスと呼ばれています。

    あなたに特別なこだわりがない限り「シャッフルダンス」で覚えてください。これが共通語になっています。

    シャッフルダンスはジャンルではないという意見もあります。

    ですがダンスラ(ダンスラッシュ)のように多くのファンがいるダンススタイルなので、1ジャンルと言えるだけの需要は得ていると思います。

    ヒップホップとは違う、ハウスダンスにも無かった独自の路線。それがシャッフルダンスです。

    シャッフルダンスの踊り方・特徴

    踊り方は16ビートを主体にしたステップ系で、止まることなく自由にステップを踏み続けます。

    他ジャンルとの違いは、演技中に「静」の部分はほとんどない点です。

    ブレイクダンスにはフリーズ、ロックダンスにも決めのポーズなどありますが、

    シャッフルダンスは踊り始めたらノンストップで高速ステップを踏み、フロアーを自由気ままに移動する「動」の要素が強いです。

    即興で魅せられるようになれば一人前ですが、初心者でいきなりアドリブダンスは難しいと思います。

    まずはシャッフルダンスで頻繁に使われるステップを1つずつ覚えてください。

    今回は数あるステップの中からも、手軽に試せるTステップを教えましたが、

    ダンス初心者であればまずはランニングマンとチャールストンから練習してください。(練習場所は公園や自宅の庭、学校の体育館、レンタルスタジオで。)

    その後にスポンジボブなど一癖ある動きもをマスターする流れがベストです。

    かっこいいステップを増やして自由に踊る。これがシャッフルダンスの魅力です。

    僕も普段は音楽を流し、振り付けではなく即興のイメージそのままに動いています。楽しいですよ。

    EDMが好きな人におすすめ。

    逆にヒップホップミュージックの方が好きな場合は、従来のヒップホップダンスで良いと思います。

    音楽の好き嫌いもダンスを学ぶ上で重要なポイントになりますので、自分の耳に合う音楽で楽しんでくださいね。


    人気があるレッスン動画一覧

    ダンスの踊り方 基本ステップの練習方法

    シャッフルダンス 踊り方 基本ステップ
    シャッフルダンス 踊り方

    初心者でもできる7つの基本ステップを振付で練習
    ヒップホップダンス 基本 ポップコーン
    ポップコーンステップ

    初心者でも覚えやすいヒップホップの基本ステップ
    ダンス リズムの取り方 初心者
    リズム音痴の治し方

    ダンスで音痴を改善トレーニング リズムの取り方
    ダンス ツーステップ やり方 練習方法
    ツーステップ やり方

    初心者も家で練習できるハウスダンス基本ステップ
    ヒップホップダンス 基本 チャールストン
    チャールストン

    自宅で練習できるヒップホップダンス簡単ステップ
    スポンジボブ ダンス やり方 ステップ
    スポンジボブ やり方

    シャッフルダンス かっこいいステップの練習方法
    ストリートダンス やり方 技 ステップ
    ストリートダンス 技

    ダンスの基礎・基本ステップ 見本演技を一気見せ
    ヒップホップダンス クラブ ステップ
    クラブステップ

    初心者も家で練習できるヒップホップダンスの基本
    ブレイクダンス サルサロック 基本
    サルサロック

    ブレイクダンスの基本ステップを動画でレクチャー
    創作ダンス 振付 簡単
    創作ダンス 振り付け

    簡単すぎてゴメンナサイ 初心者向けレッスン動画
    ブレイクダンス チェアー
    チェアー やり方

    ブレイクダンスの入門技 できない時のコツも収録
    ダンス基礎練習 アイソレーション
    アイソレーション

    ダンススクールで習う基礎練習を自宅レッスン動画
    ダンス クリップウォーク シーウォーク
    シーウォーク やり方

    クリップウォークはクランプにも活かせるステップ
    かっこいいロックダンス振り付け 簡単
    ロックダンス振り付け

    基本ステップを中心に使用 初心者向け簡単レッスン
    ダンス ボックス ステップ やり方
    ボックスステップ

    ダンスの基本 ボックス ステップの練習方法 やり方

    ダンスレクチャー全記事へ


    トゥエルのやり方とコツ動画 ロッキング(ロックダンス)基礎

    トゥエルのやり方とコツ動画 ロッキング(ロックダンス)基礎


    スキーターラビット、スクービードゥ、ロックステディといった基本ステップはすでに紹介済みなので、今回は初心者でも簡単にできる「トゥエル」という腕を回す基本動作をレッスンします。

    ロッキング(ロックダンス)は習う先生によって踊り方が少し違います。トゥエルもやり方は3種類あり、どれが正しい間違っているということはありません。

    動画で見せた1つめの練習方法を初心者におすすめします。上げるときも下げるときもフルで回しているやり方なので、良い習慣が付くはずです。

    ロックダンスは使用する曲によってゆっくりだったり速かったりします。もしスピーディな展開が必要な場合はフルで回してる余裕がなくなりますので2番目か3番目のようなやり方が良いでしょう。

    初心者でも上手く見せるコツをお伝えします。

    ロックダンスは基本動作も人それぞれの拘りが出やすい

  • トゥエルはロッキング(ロックダンス)の基礎にあたる
  • 基本ステップとは違い手の動きなので自宅練習が可能
  • やり方が3種類あり曲調やテンポに合わせて使い分ける
  • トゥエルを上に見せるコツは肘を中心に回す訓練をすることです。

    実践では肘だけでなく手首も使って動きを補いますが、練習段階では曲を流さず自分のペースでおこなうことが多いでしょうし、手首を使わず肘を軸にグルグル回す基礎トレーニングもやってください。

    大きく回せる人がコンパクトに回すことは難なくできます。小さく回すことしかできない人が大きく回すことはできません。

    どんな状況でも、すべてに対応できる能力を高めていくためにも、トゥエルは肘を意識して練習してください。

    それに慣れてきたら本来のやり方に再び戻り、あとは振り付けなど実践で使う準備をしましょう。

    ロックダンスの振り付けサンプルも動画でレッスンしていますので、基礎テクニックと基本ステップをいくつか覚えたら振り付けにもチャレンジしてみてくださいね。


    人気があるレッスン動画一覧

    ダンスの踊り方 基本ステップの練習方法

    シャッフルダンス 踊り方 基本ステップ
    シャッフルダンス 踊り方

    初心者でもできる7つの基本ステップを振付で練習
    ヒップホップダンス 基本 ポップコーン
    ポップコーンステップ

    初心者でも覚えやすいヒップホップの基本ステップ
    ダンス リズムの取り方 初心者
    リズム音痴の治し方

    ダンスで音痴を改善トレーニング リズムの取り方
    ダンス ツーステップ やり方 練習方法
    ツーステップ やり方

    初心者も家で練習できるハウスダンス基本ステップ
    ヒップホップダンス 基本 チャールストン
    チャールストン

    自宅で練習できるヒップホップダンス簡単ステップ
    スポンジボブ ダンス やり方 ステップ
    スポンジボブ やり方

    シャッフルダンス かっこいいステップの練習方法
    ストリートダンス やり方 技 ステップ
    ストリートダンス 技

    ダンスの基礎・基本ステップ 見本演技を一気見せ
    ヒップホップダンス クラブ ステップ
    クラブステップ

    初心者も家で練習できるヒップホップダンスの基本
    ブレイクダンス サルサロック 基本
    サルサロック

    ブレイクダンスの基本ステップを動画でレクチャー
    創作ダンス 振付 簡単
    創作ダンス 振り付け

    簡単すぎてゴメンナサイ 初心者向けレッスン動画
    ブレイクダンス チェアー
    チェアー やり方

    ブレイクダンスの入門技 できない時のコツも収録
    ダンス基礎練習 アイソレーション
    アイソレーション

    ダンススクールで習う基礎練習を自宅レッスン動画
    ダンス クリップウォーク シーウォーク
    シーウォーク やり方

    クリップウォークはクランプにも活かせるステップ
    かっこいいロックダンス振り付け 簡単
    ロックダンス振り付け

    基本ステップを中心に使用 初心者向け簡単レッスン
    ダンス ボックス ステップ やり方
    ボックスステップ

    ダンスの基本 ボックス ステップの練習方法 やり方

    ダンスレクチャー全記事へ


    ハンドウェーブ やり方 できない時のコツ | ポップダンス基礎練習方法

    ハンドウェーブ やり方 できない時のコツ | ポップダンス基礎練習方法


    ユーチューブでダンスレッスンの動画を探している人の中で「ダンサーYU-SUKE」は知られた存在ですが、「リアルダンサーズ」は知らない人が多いみたいですね。

    個人的にはリアルダンサーズの方が分かりやすいチュートリアルなので好きです。

    例えばこのハンドウェーブ講座。初心者でも練習しやすい8パターンの動きと、よりリアルにウェーブを通す11パターンの動きの両方が収録されています。

    やり方を学ぶ上で、指先まで解説してくれているのは分かりやすいですし、抜かりなくレクチャーしているところがオススメ。

    ところで、ハンドウェーブってどんなダンスに用いられるのでしょうか。主にポップダンスやアニメーションダンスのパフォーマンスでよく見かけます。

    簡単ではない複雑なテクニックですが、初心者向けです。なぜならステップとは違い家の中でも練習できるからです。

    ポップダンス基礎にはウェーブ以外にも筋肉を弾くヒットと呼ばれるモーションもあります。ロボットダンスを踊る上では必須になる技術ですが、ハンドウェーブとヒットはどちらもポップダンスの基本動作なので合わせて やり方を学んでおきましょう。

    このブログ内でヒットの練習方法・できない時のコツも紹介済みです。初心者にも分かりやすく解説してありますので参考にしてください。

    ポッピン初心者はウェーブとヒットの習得に力を入れよう

  • ポップダンスは基礎を固めていくことで完成度の高い演技になる
  • 練習時間はかかるけど、家でもできる基本動作が多いのであとはやる気次第
  • ハンドウェーブとセットでボディウェーブもやっておこう
  • 僕がポップダンスにまずはこれをやっとけと思うのは、ヒット・ボディウェーブ・ハンドウェーブの3テクです。

    ボディウェーブはアイソレーションという基礎トレーニングを応用したような動きですが、ハンドウェーブからボディー(体幹)に波を通していくとポップダンス熟練者並みのパフォーマンスが可能になります。

    そこにヒットも加えて演技を充実させられれば、もう脱・初心者ですよ。たった3つの技術でも人の目を釘付けにできる魅力的なムーブなので、ぜひその中の1つハンドウェーブをこのページに貼り付けたレッスン動画でマスターしましょう。

    ハンドウェーブの やり方はまず8段階のシンプルな方法で練習することです。指先はちょっとややこしいので、先に肘・肩といった部分から頭に入れていきます。

    その後は11段階のフルモデルを練習し、馴染んで来たらそれを繋げてウェーブにします。

    ポップダンスは1つの技を身に付けるだけでもそれなりの時間を要するジャンルなので、飽きっぽい人には不向きです。だからこそハンドウェーブもヒットもできる人が少ないんです。

    そこはチャンスでもありますよね。ランニングマンとか簡単に覚えられる動きはそれができるようになってもスゴイ!とは言ってもらえません。

    ポップダンスはハンドウェーブのような基礎テクだけでも「おぉぉぉ!」となるのだから、なんかお得感があります。

    そして最後になりますが、上手くできない時のコツを教えて話を締めます。

    ハンドウェーブは熱心に練習するものではない(と思う)

    ポップダンスの練習は短期でマスターしようとする人ほど脱落していくように感じます。僕の周りだけでしょうかね。できない状態が少し続くだけで投げ出してしまう人がいるのは。

    僕はヒット・ボディウェーブ・ハンドウェーブを習得済みですが、どうやって覚えたかというと「ちょいちょい練習法」です。

    テレビのCM中、お風呂に入っているとき、学生のときは休み時間に友達と一緒にやってました。

    一生懸命やっていたというよりも、気軽に楽しみながらやっていました。たまに鏡に映して状態をチェックしたりはしましたので決して手を抜いていたわけではありませんが、できない時間さえも楽しんでいました。

    ポップダンスにはほかにもバイブレーション・ティッキングといったハイテクな動きもあり、ハンドウェーブを覚えてもヒットを覚えても、向上心があるならマスターすべき動作は続いていきます。

    そのときにゲェー…ではなくワクワク・ときめきを感じられることが理想だと思います。

    ポップダンスをやっている人は絶対に家の中にいるときの何気ない時間にちょっとパフォーマンスっぽいことしたりしていると思います。(笑) 僕はその1人です。

    そういう、何でか知らないけどやりたくなっちゃう気持ちを育んでいってほしいです。ハンドウェーブのコツから少し脱線してしまいましたが、ポップダンス上達のコツは楽しむことです。体が踊りたい衝動にかられるくらいこの踊りを愛してください。そうすれば勝手に上手くなりますから。


    人気があるレッスン動画一覧

    ダンスの踊り方 基本ステップの練習方法

    シャッフルダンス 踊り方 基本ステップ
    シャッフルダンス 踊り方

    初心者でもできる7つの基本ステップを振付で練習
    ヒップホップダンス 基本 ポップコーン
    ポップコーンステップ

    初心者でも覚えやすいヒップホップの基本ステップ
    ダンス リズムの取り方 初心者
    リズム音痴の治し方

    ダンスで音痴を改善トレーニング リズムの取り方
    ダンス ツーステップ やり方 練習方法
    ツーステップ やり方

    初心者も家で練習できるハウスダンス基本ステップ
    ヒップホップダンス 基本 チャールストン
    チャールストン

    自宅で練習できるヒップホップダンス簡単ステップ
    スポンジボブ ダンス やり方 ステップ
    スポンジボブ やり方

    シャッフルダンス かっこいいステップの練習方法
    ストリートダンス やり方 技 ステップ
    ストリートダンス 技

    ダンスの基礎・基本ステップ 見本演技を一気見せ
    ヒップホップダンス クラブ ステップ
    クラブステップ

    初心者も家で練習できるヒップホップダンスの基本
    ブレイクダンス サルサロック 基本
    サルサロック

    ブレイクダンスの基本ステップを動画でレクチャー
    創作ダンス 振付 簡単
    創作ダンス 振り付け

    簡単すぎてゴメンナサイ 初心者向けレッスン動画
    ブレイクダンス チェアー
    チェアー やり方

    ブレイクダンスの入門技 できない時のコツも収録
    ダンス基礎練習 アイソレーション
    アイソレーション

    ダンススクールで習う基礎練習を自宅レッスン動画
    ダンス クリップウォーク シーウォーク
    シーウォーク やり方

    クリップウォークはクランプにも活かせるステップ
    かっこいいロックダンス振り付け 簡単
    ロックダンス振り付け

    基本ステップを中心に使用 初心者向け簡単レッスン
    ダンス ボックス ステップ やり方
    ボックスステップ

    ダンスの基本 ボックス ステップの練習方法 やり方

    ダンスレクチャー全記事へ